HOME > FPサポートリンク Q&A > 波乱のマーケットでも、穏やかな心で資産を殖やし続ける方法

FPサポートリンク Q&A

2016年02月19日

波乱のマーケットでも、穏やかな心で資産を殖やし続ける方法

回答者 白鳥 光良 (東京都)

波乱のマーケット。
 
2016年は年初から、世界各国で様々な
マーケット(相場)が大荒れになりましたが、
相場の大きな変動は季節のように巡るのが常です。
 
たとえば株式のマーケットに目を向けると、
どんな上昇相場でも年2回は波乱が起きています。
 
そんなマーケットにおいても、
 
「穏やかな心で資産を殖やし続ける方法」
 
なんてあるのでしょうか?
 
 
まず、
 
「穏やかな心」
 
を保つ方法については、
2000年以上も前から世界各地で追究されてきて
いまでは学者の研究領域にもなっていますが、
 
・期待しない
・現実を越えた過剰な期待をせず、過剰な悲観もしないこと
・すべての人に訪れる生老病死の現実を受け入れること
・いま目の前にあるものの素晴らしさを探すこと
・より広い愛を持って生きること
 
など、色々なジャンルの本に
多種多様な表現がされていますよね!
 
 
一方で、
 
「穏やかな心で資産を殖やし続ける方法」
 
については、
体系化された情報をあまり見かけないのですが・・・
 
私はファイナンシャルプランナーとして研究を続けています。
現時点の結論だけ7つお伝えしましょう。
 
 
1.「信用リスク」(破たんリスク)を取り過ぎない
 
2.「レバレッジ・リスク」を取り過ぎない
 
3.波打ちながら長期的に上昇する確率が高いカテゴリーの資産に投資する
 
4.下落や低迷の局面を歓迎できるように「毎月つみたて投資」も併用する
 
5.一時金投資は、年2~3回の下落局面で勇気を持って少し買う(上級者向け)
 
6.穏やかな心でいるためには、10年後を見据えた長期スタンスの運用が中心
 
7.短期投資もしたい人は、資産全体の○○%以内の枠を決めて学びつつ楽しむ
 
 
この詳細は、今後のコラムでお伝えしていきましょう。
 
2016年~2017年は米国景気がいったん後退する可能性があり、
そうなったら米国株は下値を切り下げる動きをするのが自然かな・・・
 
と私自身は想定しておりますが、
もしそのようなシナリオになっても落ち着いて
長期的に資産が殖えやすくなる資産管理の方法を追求しています。
株式会社 住まいと保険と資産管理
代表取締役社長 白鳥光良