HOME > FPサポートリンク Q&A > どんなFPに相談すればよいか

FPサポートリンク Q&A

2016年03月30日

どんなFPに相談すればよいか

回答者 森本 直人 (東京都)

【質問】 30代の夫婦です。
先日、無料FP相談を受けたのですが、保険の話しか聞けませんでした。
次回お会いする時に、おすすめの保険提案があるとのこと。
 
本当は、確定拠出年金で節税することなども詳しく相談したかったのですが。
 
やはりこういったお金のことは、公平中立な方に相談したいと思っています。
どんなFPに相談するのがよいでしょうか。
 
【回答】 ご質問にお答えします。
無料でFPに相談したところ、いきなり保険商品を勧められて不審に思ったという声は、相談の現場でもよく聞きます。

どんなFPを選べばよいか。

私の答えは、「個人として、信頼の取れるFPを選ぶ」です。

一度、個別相談やセミナーなどで会ってみて、
・本当に親身になって相談に乗ってくれそうか
・相談経験や知識は豊富か
・特定の答えを押し付けるのではなく、考え方をわかりやすく解説してくれるか
といったあたりをご自身で見極めるとよいと思います。

ところで、独立FPのビジネスモデルには、おおまかに2つの形態があります。

有料相談で、保険や投資信託など、商品の販売による手数料を一切受け取らない形態と、
有料相談ではあるが、商品の販売などによる収益も組み合わせている形態です。

いずれにしても、FP業は、ボランティア活動ではなく、職業として報酬を得て成り立っている点の理解は必要です。

仮にボランティア活動であれば、高いクオリティは期待できませんし、そもそも生活に困窮しているわけでもない人に、ボランティア活動をする理由がありません。

ところでよく、商品の販売で手数料を得ているFPに相談してはいけない、という意見をネットなどで見かけます。

もちろん、ひとつの考え方ではありますが、商品を売らない代わりに、サービスの価値に見合わない高額なコンサル料や顧問料を請求されてびっくりするケースなども絶対にないとはいえません。

結局は、業務の形態ではなく、人で見るしかないということです。

その意味では、相談する側も、「駆け引き」の意識を取り除いていく必要はあると思います。

「そっちがその気なら、こっちも...」となってしまったら、もう「相談」ではなくなってしまいます。

個人と個人の信頼関係による、FP相談がもっと普及してほしい、
そして、誰でも安心してお金の相談が出来る状況がどんどん生まれてほしい、と願っています。
株式会社 森本FP事務所
代表 森本 直人